RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
59:パプリカ
2007.07.10
みる


comment(2)
trackback(0)
パプリカ
映画「パプリカ」をみました。

監督 今敏
原作 筒井井筒康隆

マッド系。
事前情報は

「カオス」
「夢」

だったのだが、まさしく夢カオス。

微妙なネタばれありです。
◆キャラクター
アニメじゃないとできないような
奇妙な生き物とか人形とかでてきて
映像的にも楽しめた。

◆音楽
細かなノイズと
テンションを高める微妙にズレた感じの音楽。

◆雰囲気
妙に明るくて空回っている感じが、
奇妙な雰囲気を演出
音楽の効果が○

◆ストーリー
夢から覚めたと思ったら、
まだ夢だった
みたいなのは心拍数↑

夢に見そう

そして最後はハッピーエンド…
基本はバッドエンド好きなのだが
この映画のハッピーエンドは
予定調和ではなかったのでオケイ。
というか、まさか、まさか

ちなみにハリウッド的ハッピーエンドは苦手。
(こっぱずかしくなるため)

ということで
好き嫌いが分かれそうな映画
ですが、個人的には好きです。

ただ、最後の戦いみたいなところは巨大化せずに
もっと地味に戦ってほしかったところですが…(根暗)
スポンサーサイト
COMMENT
好き嫌い
まいど。

本質的に本嫌いの私ですが、
実は大の筒井康隆好きでして・・・。
一時期、ショートショートばかり
読みあさってました。。。
(最近はもう読めないけど。)

パプリカ。
◆ハッピーエンド
 →ハッピーなんだけど
  どうしても腑に落ちない。
  
◆音楽
 →宗教音楽?
  エレクトロニカ?
  ユーロビート?オペラ?
  なんなんだろう。
  ノンジャンル。
  しかし、映像・世界観を相当演出。

◆ストーリー
 →あれ、なんだったっけ?

◆雰囲気
 →明るい空回り という表現に一票
  空恐ろしくて鳥肌が立ちそうな。
 
◆巨大化
 →全く同意。やりすぎ感はあり。
  しかし、あそこまで混沌としてしまうと、
  メリハリつけないと終われないかもね。
  (客観的言い方をしてしまうと。)
2007.07.10 URL ※ EDIT
▼ハッピー
よくよく考えると伏線らしきものは…
しかし過去が語られなかったので
多少強引に感じるところあり

▼音楽+雰囲気
ジャンル、なんだろうか。
個々の音楽はそこまで気持ち悪くないのに
映像と混ざり合うことで生まれる気持ち悪さ?

似たような感覚が
「寺(神社ではない)映像」に
「重厚なクラシック」を乗せたときに
味わえる感じ、だと思った。
(わかりづらいけど…)

関係ないけど
音楽がカッコいい映画として「π(パイ)」をオススメ。
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A0_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
かなり暗い映画

▼巨大化
もはや、日本文化か。

▼ストーリー
氷室の夢にはいったとき?たぶん
ヤバイ…昨日見たばかりなのに…

*

×井筒
○筒井

でした。
2007.07.11 URL sK EDIT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://o0o0o0o.blog54.fc2.com/tb.php/59-ad799665
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。