RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
41:ルイジアナ 03
2007.06.28
たび


comment(2)
trackback(0)
ルイジアナ 03
つづきのつづき

常設展示と特別展示「メイドインチャイナ」
*

まずは、常設展示。
Philip Guston という画家の絵にノックアウトされました。
特に「本」の絵と「タケノコ星人」の絵が好き。
あとは、白黒の絵の方が好み。

小難しいことは全く気にしない人間なので評論はできませんが。
直感的にビビッと

google とかでイメージ検索してみてください。
いろいろ出てきます。

*

画集も購入(260DKK = 260*24YEN)

ほかの展示も見ましたが、 philip guston が個人的ベスト。
(ほかにもよかったのがあったのですが名前を忘れてしまいました…)

特別展示にツヅク
スポンサーサイト
COMMENT
なんかすごいね
【本題】について
”良くわかんない感じ”がすごい。

思いつきで描いてそうな
一方で
被写体がなにか訴えたそう?

色綺麗だね。

【序章】について
それにしても、
Koide氏のリトルジャーニー
(少し苦労して2時間半?)
の過程が少ない言葉で
如実に表現されてて
思わず笑ってしまいました。

文才あるね。



2007.06.28 URL ※ EDIT
なんか、
なぜこの題材を選んだんだ?
というようなものを、
微妙に変化させながら、
繰り返し描いている画家が好みなのかも。

あとはものすごく表情豊かなのに、
それが
「喜怒哀楽」
のどれに相当するのかわからないような絵。

そういうのがすき。

そういう意味では草間彌生の
かぼちゃの絵とかはかなり近いのかも。

よくわからんが個人的意見。

【序章】
最後になるにつれて面倒になり、適当に書いています。

ノートは最初の1ページだけ綺麗に書く畑の住人。
2007.06.28 URL sK EDIT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://o0o0o0o.blog54.fc2.com/tb.php/41-37f7a2a1
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。