RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
215:夜の思考
2007.12.06
かんがえる


comment(0)
trackback(0)
夜の思考
最近、いろいろと幸せとかについて、
わりとまじめに考えることが多くて、
たった今、思い浮かんだことを書いてみます。
ひたすら、悶々と考える。

ただいま、平日、午前4時。
この時間の思考はやばいな・・・
*

幸福度っていうのは山の高さみたいなもので、
人は、そのでこぼこの地形を彷徨いながら、
幸せを探すのだと考えてみます。

「幸せ=自分がより高い標高の場所にいること」

こんな地形を幸福度地形と呼んでみる。

人はみんな、幸福度地形の一番高い山の山頂を目指して、
試行錯誤している、と考えるわけです。

gaussian.jpg【かなり簡略化されたイメージ図。山頂はもっとも幸福度が高い。一般的にはもっとでこぼこで広大な地形】


*

理系的な言語で言えば最適化。
自分の幸せを最大化するための戦略について考えてみます。

*

一般的に、その地形は広大すぎて、見渡せない。
しかも人によって形が全く異なるため、
人の戦略の真似は有効でない。

なにより厄介なのは、他人の行動が変化すると
自分の幸福度地形の形状(景観、ランドスケープ)が変化してしまうため、
もう何がなんだかわからない。

*

でも、とりあえず話を単純化してしまうために、
幸福度地形の形状は変化しないとしてみよう。

それでも問題は複雑だ。なぜなら
全く遠くが見渡せないので、どこに一番高い山があるのかわからない。

可能性の空間が広大すぎるから、どうやって、この空間を歩けばいいのかわからない。
どうやって、歩こうか。

*

仕方ないので、人は大抵、次のような戦略をとる。

1.自分の現在の標高をチェックする
2.東西南北に一歩進んだ場所の標高をチェックする
3.東西南北の標高の中で現在よりも標高の高い地点があるなら、(東西南北のうちの)もっとも標高の高い地点へ一歩を踏み出す。
4.そうでなければ、その場にとどまる。(このとき、人は山頂にいることになる)

こうやって考えると、地形の高さの最大値に上限(幸福度の上限値)があるならば、
いつか、歩みはストップするだろう。

*

でも、その場所は富士山の山頂とは限らない。
なぜなら、盲目的に歩んできたから。
近視眼的な方法で歩けば、当然、もっとも高い山に登る確率は低い。

derivapps1.gif
こんな感じ。左側の山頂に登る可能性も結構高い。

・・・むずかしい。

*

景観が見渡せないなかで、より高い山に登るにはどうしたらいいのだろう。
と考えると、学問の世界でいうところの「最適化アルゴリズム」の考え方が役に立つ。

一般的により高い山に登るため(登れると考えられている)の方法を分類してみる。

1.ランダムに遠くにワープしてみる(行った先は谷底かもしれないけど、いつか、かならず、よい場所がみつかると信じて。)
2.東西南北方向に一歩という戦略は変更せずに、でも「たまには勇気を出して低い方向へ動く一歩」という行動を認める。

・・・もちろんほかにもあると思うけど。

なんかまとまったような、まとまらないような感じだけど眠いので寝ます。


【蛇足1】
世の中一般で知られている、衝撃的な「NFL定理」(No Free Lunch; ノーフリーランチ)というものがあるのだけど、これもまたいつか。

【蛇足2】
戦略2は適当な条件下で(どんなに地形がでこぼこでも)富士山の山頂に到達することを保障する定理あり。
スポンサーサイト
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://o0o0o0o.blog54.fc2.com/tb.php/215-685e17cf
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。