RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
183:あたまの体操
2007.10.17
かんがえる


comment(0)
trackback(0)
あたまの体操
ロングマン英英辞典をみて、あたまの体操。
わりと真面目な文章。

X と Y がなんだかわかりますか?

X is the period between someone's birth and Y.
Y is the end of someone's X.



(この問題が「あたまの体操」ではない)

答えは

LIFE is the period between someone's birth and DEATH.
DEATH is the end of someone's LIFE.




これは、実際に life と death の定義(説明)として辞書に書いてあることなのだが・・・。


life の説明の中で death という言葉を使って、

death の説明の中で life という言葉を使う。


こういう説明のされ方って納得できますか?

(そもそも X を「子供時代」, Y を「成人の日」としても上の文章は成立するので、一般にこういう説明(定義)の仕方は誤解を招きやすい)

*

「循環する定義」

こういう言語は不完全な気がする・・・
と昔からおぼろげに思っていたのですが、昨日、
覚王山をぶらついている時に、小さな発見をしたので、ご紹介。

*

先ほどの例では

LIFE → DEATH → LIFE → DEATH → LIFE → DEATH → …



とループする。
これは言葉の説明のしかたとして、よろしくないと思う。

*

同じように3つの単語の説明が

A → B → C → A → B → C → A → B → C → …



とループするのもよろしくない。

*

4つ以上でも同じこと。

***

【疑問】
ループする定義を含まないような言語は存在するのか?

【答え】
存在しない!

*

という結論。
理由はわりと簡単。

(以下、あたまの体操)

*

ある言語 L(宇宙語でもなんでもよい)は 1000 個の単語を持つとする。
(1000個でなくても好きな数でよいが、わかりやすくするため1000個にした。)

それらの各単語はそれぞれ説明文を持っている。
当然、その説明文も、1000個の単語の複数個の組み合わせで表現されなければいけない。

*

さて、次のような作業をしてみよう:

① 言語 L から適当に単語をひとつ選ぶ( X1 とする )。
② X1 の説明文から適当に単語をひとつ選ぶ( X2 とする)。
③ X2 の説明文から適当に単語をひとつ選ぶ( X3 とする)。
④ このような作業を X1001 まで繰り返す。

こうすると、1001個の単語の列 X1, X2, ... , X1001 ができるはずだ。

*

(ここから重要)

今考えている言語 L は、1000単語のみをもつ言語だったので、
単語列 X1, X2, ... , X1001 の中には、かならず、重複する単語があるはず。

それが、たとえば X104 と X573 だったとする。
すると、

X104 → X105 → … → X572 → X573(=X104) → X105 → … → X572 → X104 → …



となってループすることがわかる。

*

つまり、「かならず存在する重複」を「始点・終点」とすれば

「言語 L は少なくとも1つはループを持つ(=よろしくない!)」

ことが言えてしまう!!!

*

以上の結論は単語の数や、各単語の定義(説明)のされかたとは全く無関係なので、どんな言語に対しても成立する(英語でも日本語でも宇宙語でも)。

*

結局、どんな言葉も、自分自身の単語で、説明しきることはできない、ということがわかります。

これってなんだか、不思議じゃないですか?
スポンサーサイト
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://o0o0o0o.blog54.fc2.com/tb.php/183-a21b8fd1
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。