RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
169:鬱陶しい思索の断片
2007.10.08
つぶやく


comment(0)
trackback(0)
鬱陶しい思索の断片
【養老公園で夕日をぼんやり見ながら考えたこと/かなり長文(ダーク)】
RIMG0514.jpg


先日のこと。

ある友人が

「彼女と五年半も付き合っている」

というので、
「それだけ長いと別れ話にもならないでしょう?」

とたずねてみた。すると一年位前に危機的状況があった、というので理由を尋ねると

「二年前に比べて彼女がほとんど『進歩』していないことに、ふと気づいた瞬間があった」

とのことらしい。

…さて、その彼女は「努力」したため、危機は回避されたようだ(何を努力したのかは不明だが、努力をしなければ別れていたらしい)。

この話を聞いて、ふと、考えてしまったこと。

「自分は『進歩』しているのだろうか?」

(以下、主題)

*

基本的に自分の変化は連続的なので、意識しないと気がつきにくいと思う。
同様に、彼氏・彼女も基本的には(相手の変化に)気づきにくいと思う。

ということで、ときどきは、自分や周りの人を連続的でなく、わりと昔の時点と比較する、という視点で見てみるのもよいのかも。

変化していなければ要注意。

*

ところで、『進歩』といっても

日々の仕事や勉強などの「義務」によって身につく能力はあたりまえとして、「それ以外」でどの程度、進歩しているのか。

極端な言い方をすれば、この「それ以外の」進歩がなくなった瞬間に「人生は終わる」のだと思う。

もっとも恐れるべきは
・ 仕事が終わる
・ TV見ながら家でごろごろ
・ 休日は家でごろごろ
・ たまに「家族サービス」とかいって仕方なく出かける
というルーチン人生。

…こんな風にはなりたくないな(何のために生きているのだろう?)

D1000465.jpg

*

さて、「進歩」とはなんだろうか。
思いつくのは以下の二つ。

①能力的な進化
②価値観の変化(価値観自体に善し悪しはないが、その広さには大小関係がある)

①については必須ではないと思う。
ただ、個人的には音楽、映画、投資、外国語、写真など人生を楽しく、快適にしていく能力・知識を(特別な「努力」をすることなく)身につけていければいいな、と思う。

②は必須だと思う。
価値観が収束して、それ以上広がらなくなってしまうのは、とても怖い。

・ 決め付け(ほかの可能性を受け付けない)
・ 妥協・あきらめ(自分の可能性に見切りをつける)

そして、価値観が収束しないようにするには何らかのアクション(例えば新しい趣味を始めてみたり、海外旅行で新しい土地に行ってみるなど、常に新しいことへの挑戦)をやり続けていく必要があると思う。

*

そのときに問題になるのは

「過去にどのように見切りをつけるか」

ということだと思う。
残念ながら人間には時間的な制約があるので、
新しいことにチャレンジし続けることは、古いものを切り捨てることになるのだろう(新しい趣味を始めるときには、いつもこの手の問題が発生する!)。

sky001.jpg

*

年をとるにつれて価値観が収束しがちなのは、
この種の「しがらみ」によって古いものが切り捨てられなくなった結果だと思う。

幸運にも俺はまだこの手の問題には突き当たることは稀だが(それでも学部生時代、ジャズから少し距離を置くにはかなりのエネルギーが必要だった)、社会で生きる以上、基本的には不可避なのだと思う。

それを、なんとかして乗り越えれば(or 軽減すれば)、人生が楽しくなるんじゃないかな、と思いを馳せた、秋の休日。

(明確な結論なし)
スポンサーサイト
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://o0o0o0o.blog54.fc2.com/tb.php/169-90c2a932
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。