RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11:Bill
2007.05.27
きく


comment(2)
trackback(0)
Bill
Gates じゃなくて Evans のほう。

はじめて聴いた七年前からずっと惚れっぱなしのアルバムたちをご紹介。

* Waltz for Debby
* Portrait in Jazz
* Explorations

このあたり、全部ベーシストがスコット・ラファロ。
録音時期は1961年あたりです。上からオススメ順。

やっぱりこの時代が最高だと思います
繊細で軽やかなんだけど微妙に荒々しいというか神経質な感じのピアノの音色が○です
あんまりルート音を弾かないベースも○

ラファロとエヴァンスのアルバムはもう一枚

* sunday at the village vangard

というのがあるのだけどそれは個人的にはあんまり聴きません。
というのは同じ曲の別テイクが連続して入りまくっているため、アルバムとして聴くのはちょっとつらいため

Waltz for Debby も実は似たような感じなんだけどこっちはそれを補うほど強烈にカッコいいのでおけー
スポンサーサイト
COMMENT
ビルエヴァンス
紹介ありがとう。
私はベスト1・2を持っていないわけか。
これはぜひ聞かねば。
今度貸して~◎(ケースの中身が入ってればば)

ちなみに。そのアルバムに
「忌憚」っていう曲入ってる?
(村上春樹か何かの小説に出てきて
どんな曲か気になったことがあるので)


2007.05.28 URL ※ EDIT
こんど持ってくよ~
探しておきます

うーん、一度CD整理整頓しなきゃだよ…

「忌憚」かー
基本的に邦題がついているCDを買ったことがないためわからず。
ちょっと見た感じだとないかなー

■忌憚のない意見を言う
say whatever is on my mind

これっぽいのは見つからず
2007.05.30 URL sK EDIT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://o0o0o0o.blog54.fc2.com/tb.php/11-ed3c2019
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。