RECENT ENTRY

→2008.03.31(Mon) 20:34:38 CD

→2008.03.30(Sun) 02:33:19 PC2

→2008.03.23(Sun) 20:42:00 PC

→2008.03.23(Sun) 14:28:47 おと

→2008.03.09(Sun) 22:47:11 memo

→2008.03.05(Wed) 23:51:23 oto

→2008.03.05(Wed) 23:07:26 歌舞伎町

→2008.02.24(Sun) 13:05:43 ヘッドフォン

→2008.02.15(Fri) 18:06:19 

→2008.02.11(Mon) 23:49:39 space the elements

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
160:sense of wonder
2007.09.29
よむ


comment(0)
trackback(0)
sense of wonder
sense of wonder にて…sow2.jpg


母親が図書館で「偶然」借りてきた、レイチェル・カーソン「センス・オブ・ワンダー」を読む。
ひさしぶりにすがすがしい感動。

50ページほどの本で、ゆっくり読んでも30分ほどで読めてしまいます。

「小さな子供とともに自然を楽しむ」がテーマ。
言葉がものすごく透明で美しいので、
母親になったばかりの女性、これから母親になる女性にプレゼントしたい本です。

以下少し、引用。
スポンサーサイト
58:本(メモ)
2007.07.10
よむ


comment(0)
trackback(0)
本(メモ)
この時間に謎の更新…
哲学チックな本(読んでなくて読みたい本)。

①「構造と力」 浅田彰(→ wikipedia

+ 哲学本。知ったきっかけは DCPRG という
 サイケなバンドの
  structure et force (邦題:構造と力)
 という CD
 (5曲目「港湾と歓楽街の構造」が異常にカッコいい、泣ける)
 


②「対称性人類学 カイエ・ソバージュ」 中沢新一

+ 著者の名前は知っていたが、
 インターネットでいろいろ調べているうちに
 興味を持った一冊。



③「クオリア入門」 茂木健一郎

+ これも超有名本。
 とりあえず読みたいと思っていたが
 ずっと放置してきた。
37:ナナナンキリコ
2007.06.25
よむ


comment(0)
trackback(0)
ナナナンキリコ
母親が
魚喃キリコに
はまってる

【ものっそいどうでもいい情報】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。